2007年03月09日

■ 幸運をつかめる、秘密

「確かに私たちは、幸運だった。
でも、あまり幸運だ、幸運だ、とばかり言われると、それは違うだろう、と言いたくなる。
幸運はみんなのところに同じように降り注いでいたではないか。

それを捕まえるか、捕まえられないかは、
ちゃんと準備をしていたか、いなかったかの差ではないかと」
 (小柴昌俊)



友人が転送してくれたメルマガに掲載されていた言葉です。

ちなみに、小柴さんは、2002年に、「ノーベル物理学賞」を受賞された方です。
(あの島津製作所の田中さんと、同じときに受賞された先生と言った方がわかりやすいかな)



あなたのところにも、「幸せ」は降り注いでいます。
あなたのところにも、「チャンス」は降り注いでいます。
あなたのところにも、「運」は降り注いでいます。

きっと、毎日、毎日。

そう、きっと、今日も、降り注いでいます!
そう、きっと、今日も、降り注いで来ます!!



誰の元にも、お金持ちになるビジネスチャンス、成功するきっかけ、
運の良いこと、幸せの種は、降り注いでくるのです。



そうです、大切な「区別」は、

「チャンスが来ない」のではなく、「チャンスに気づけるかどうか」
なのです!!


そして、降り注いでいる「幸せ」、「チャンス」、「運」をつかめるかどうかは、

あなたが、しっかりと「準備」しているかどうか、ということ!!



つまり、幸せになれる人、チャンスを捕まえられる人、運をつかめる人というのは、
ただただ準備しているかどうかの差でしたかない
のです!!



あなたは、毎日、毎日、
あなたのところに降り注いでいる「幸せ」、「チャンス」、「運」をつかむために、
しっかりと「準備」していますか?


チャンスが来ないのではありません。
運が悪いのではありません。

人生の真実は、それをつかむための準備ができていないだけ、ということなのです!!



PS: きっと、「夢を生きる、幸せなお金持ち」になれるかどうかは、
一言で言ってしまえば、「準備しているかどうか」の差なのだと、私は思います。

世の中のいわゆる「成功法則」や「ノウハウ」ってモノも、
結局は、「準備」するためのモノに過ぎないのではないでしょうか!?


ryo_kamio at 03:51│ 今日の学び・気づきを、友に