2006年06月11日

■ 「忙しさに負けちゃいけない」

こんにちは、神王リョウです。


実は、ほんの数日前に受けた「人間ドッグ」で、大変なことに、、

A〜Eの5段階の下から2番目となる「D」判定=要治療が出てしまいました、、



こういうときって、改めて、「自分の人生」について考えさせられます。

また、最近、というかここ2〜3年くらい、
ずっと忙しい毎日を送ってきましたが、ときどき、ちょっと立ち止まって、
やっぱり、自分自身に問いかけてみることがあります。

それは。。


そして、そんなとき、いつも、私に勇気をくれ、
【本当に大切なこと】を思い出させてくれる、「ある歌」があるのですが、

今回は、その歌と一緒に、
【本当に大切なこと】について、ちょっと考えてみたいと思います。




忙しくて、「立ち止まって、自分の人生について考える時間」もない方へ。

今日は、ほんのちょっとでも、立ち止まって、
ほんのちょっとでも、あなた自身の人生について考えてみませんか?

そんなステキな時間を、あなたにプレゼントできることを願って。。


まだ見ぬ、友へ。
あなたへの、手紙です。





「いつのまにか大人になって 次の場所に駆けてくだけで
 心休めて空を きれいと言えない

 時が僕に教えたものは 忙しさに負けちゃいけない
 だから今を迎えて あなたにありがとう」
  (徳永英明「未来飛行」より)



私の人生を救ってくれた音楽や本などについては、
いままでも、いろいろとご紹介してきました。

例えば、私の生き方そのもの、モットーは、ミスチルの「I'll be」ですし、
「会社を辞める!」と決断するきっかけとなったのは、「蘇生」という曲ですし、
「不幸なお金持ちではダメなんだ!」と気づかせてくれてのは、
GLAYの「軌跡の果てに」や、ミスチルの「終わりなき旅」です。

(その他にも、人生の転機ごとに、いろいろな音楽に気づきをもらってきました!)


そして、ここ最近、この2〜3年の激動のなかで、
まさに、いままでの20数年分より濃い、この2〜3年のなかで、
私に、いつも【本当に大切なこと】を思い出させてくれるのが、

この徳永英明さんの「未来飛行」という曲でした。


(ちなみに、徳永さんを知ったのは、小学4年生のときでしたから、
すでにファン歴は、16年以上になります!
っていうか、10歳で、徳永英明とは、ちょっと大人ですね、私(笑))




忙しくて、目の前のことに追われがちになってしまっているとき、
ふと、何かのきっかけで、このように考えることってありませんか?

もしくは、冒頭でご紹介した私の事例ように、
健康を害してしまったとき、病気になってしまったときに。

もしくは、本当に大切な何かを、恋人とか、家族との絆とか、
友人とか、人間関係などを、失ってしまったときに。



「私はいま、僕はいま、一体、何をしているんだろう?」

「子どもの頃に夢見ていた人生は、こんな人生だったのだろうか?」

「こんな人生のままで、本当にいいのだろうか?」



生きている実感がない。
心にぽっかりと穴が空いているような気がする。

心の奥底から、全身で、「生きてるぞ!!」って、胸を張って言えるか!?


ふと立ち止まった瞬間に、私は、そんなことを自分に問いかけてみます。



そして、そのときは、こんなふうに考えたりしませんか?

「ああ、やっぱりこのままじゃダメだ。これは望んでいる人生じゃない!」
「仕事ばっかりするために、生きていきたくなんてない!」

「子どもの頃の私が、いまの私を見たら、どんな顔をするだろう?
『あんな大人になんてなりたくない』って思っていた大人に、
何だか近い、人生を生きていないだろうか、、」



ですが、忙しい毎日は変わらない、朝起きる時間も一緒。
やるべきこと・やらなければならないことは、相も変わらず山積みだし、

気がついたら、また、目の前のことに追われてしまって、
自分の人生や、【本当に大切なこと】、本当に大切にしたいことについてなんて、
考えている暇もない。。


そして、また、ふとした瞬間に、
「こんな人生でいいのだろうか、こんなんじゃダメだ!」と思う。

だけど、また、数日後には、、



そんな繰り返し。

忙しい毎日 → こんなんじゃダメだ! → 忙しい毎日、の繰り返し。




まさに、気がついたら、「大人」になっていて、
仕事に追われ、問題に追われ、人間関係に追われ、「義務」に追われ、
それがやっと終わったと思ったら、また次のヤツが追ってくる、、

次の仕事に、次の問題に、次の人間関係に、次の義務に、次の何かに追われ、、


落ち着く場所は、一体どこでしょうか?
お酒を飲んで忘れたり、誰かにあたってみたり、愚痴を言ったり、
本当はべつにしたいわけでもないけど、気を紛らわすことをやってみたり、
何気なくTVを見て数時間が過ぎてたり、眠りに逃げていたり、、



私自身、「夢を生きる、幸せなお金持ち」を目指して生きていますが、
それでも、ときどき、目の前のことに追われてしまっていることはあります。
当たり前ですが、やっぱり、人間ですから。


そんなとき、この歌詞を思い出すんです。


『いつのまにか大人になって 次の場所に駆けてくだけで
 心休めて空を きれいと言えない』


空を見て、「ああ、きれいだなあ、、」って、最近、素直に感動できていない。


目の前のことを一生懸命やっているだけでは、
必ず、見落としていることがある。何か、人生の大切なことを、忘れている。

目の前のことを一生懸命やっているだけでは、ダメなんだ!!


それは、(仕事以外で)人生を楽しむことであったり、
大切な人との関係を大切にするという当たり前のことであったり、
何より、自分自身が本当に生きたい人生を生きるということであったり。。


私自身、仕事ばっかりやって、大切な人を失い、いろんなことを失って、
それで学んだつもりでしたが、つい最近は、健康を崩してしまいました、、

確かに、最近、何も考えずに、空を見る時間もなかった気がします。。


(「人生とは、学びの旅である」 まさに、私もまだまだ学ぶことだらけ!)




それでは、一体、どうすれば、
あなたにとって、【本当に大切なこと】を見失わずに、
生きていくことができるのでしょうか?

忙しさに追われ、問題も山積みのなかで、
子どもの頃に夢見ていた人生に、
いまからやり直して生きることができるのでしょうか?



残念ながら、今回のこの手紙は、
その「答え」をあなたにプレゼントすることが、目的ではありません。

今回、あなたへ手紙を書いたのは、
ちょっとでも立ち止まって頂いて、
あなたにとって、【本当に大切なこと】を考えて頂きたいからです。


ふとした瞬間だけではなく、心にぽっかり穴が空いてしまったときではなく、
忙しい毎日だからこそ、立ち止まらなければならない!!


そして、ぜひ、「ちょっとでも、立ち止まる時間」というモノを、
作るようにしてみてはいかがでしょうか?

ぜひ、「ちょっとでも、立ち止まる」ってことを、
習慣にしてみてはいかがでしょうか?


「ちょっと立ち止まって、自分自身の人生について考えてみる。」

そのことの大切さ、その意味、それがもたらすモノについては、
もう、「大人」である私たちは、あなたは、経験済みのはずです!



子どもの頃は、楽しいことに向けて、全力で走っていました。

ですが、大人になってしまうと、
仕事やその他の義務に向けて、全力で走らなければならないのです。


だからこそ、ちょっと立ち止まる時間をつくって、
楽しいこと、大切なことについて、考える時間をあえて作らなければなりません。



そして、実は、「ちょっと立ち止まる」ことこそが、
【本当に大切なこと】を見失わずに生きていくことの、第1歩になるのです!!

(具体的なステップ、テクニック、まさに「答え」と言ってもいいでしょう)




あなたは、最近、空を見て、「ああ、きれいだなあ、、」って、
素直に感動したのは、いつですか?

あなたは、心の奥底から、全身で、
「生きてるぞ!!」って、胸を張って言えますか!?



「楽しくない人生」って、一体!?
「空を見て、キレイだなって、落ち着く時間も心もない人生」って、一体!?



『忙しさに、負けちゃいけない!』

あなたは、「忙しいこと」のために、生きているのではないはずです!?
あなたは、【本当に大切なこと】のために、生きていかなければならないのです!


だからこそ、立ち止まろう。 ほんのちょっとでも、立ち止まろう。
そして、「いま」を生きよう! 夢を生きよう!! 人生を楽しもう!!!


あなたには、【本当に大切なこと】のために、生きていく覚悟があるか!?
あなたには、【本当に大切なこと】のために、生きていく勇気があるか!?




PS: もう一度、あなたに贈ります。


「いつのまにか大人になって 次の場所に駆けてくだけで
 心休めて空を きれいと言えない

 時が僕に教えたものは 忙しさに負けちゃいけない
 だから今を迎えて あなたにありがとう」



PS2: 私と一緒にカラオケに行くと、この歌の熱唱が聴けます(笑)




★ 人気blogランキングに参加しています。あなたの応援1クリック、よろしくお願いします!!


◆ 「ir. 仲間とともに!夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」


ryo_kamio at 03:19│ 今日の学び・気づきを、友に