2006年02月22日

■ 「株資産20億円を作った男!」の、投資と人生の極意!?

「勝負するとき、降りるとき、歩き去るとき、走り出すときを、知らねばならない」
(ケニー・ロジャース)



この短い一文に、「投資の極意」とも呼ぶべきモノが凝縮されているような気がします。
(そして、私を億万長者にしてくれて投資格言の1つです。)


いつ勝負をするのか?
いつ降りるのか?
いつ歩き去るのか?
いつ走り出すのか?

その「とき」を知らねばならない。

その「とき」を知っている人は投資で億万長者になり、
その「とき」を知らない人は投資に負ける。

ただ、それだけ。




ですが、最近思うのですが、
この言葉は、何も投資にだけ当てはまるモノではないのではないでしょうか?


ビジネスにおいても、何かの分野の成功においても、そして人生においても。

いつ勝負をするのか?
いつ降りるのか?
いつ歩き去るのか?
いつ走り出すのか?

その「とき」を知らねばならない。

その「とき」を知っている人は夢を実現でき、
その「とき」を知らない人は夢はいつまでも夢のまま。


あなたは、いつ勝負をするのでしょうか?
あなたは、いつ降りるのでしょうか?
あなたは、いつ歩き去るのでしょうか?
あなたは、いつ走り出すのでしょうか?

あなたは、その「とき」を知っていますか?




PS: あなたは、いま、どんな「とき」ですか?




ryo_kamio at 01:59│ 今日の学び・気づきを、友に